ものがたり。

詰まらない話

もう、15年前に

本屋さんで一冊の立ち読みで、

仕方なく蕎麦屋を始めることになってしまった。

『もう、これからは、手打ちで十割で打つ蕎麦屋はなくなるだろう』

という文字がなんとも言えなく頭から離れない。

思わず購入した。

何故?

蕎麦のことなんぞ何にもわからなかった。

それからというもの、本をむさぼり読んだ。

その中に、絶対にやってはいけない職業が蕎麦屋。

しかも、手打ちそば屋で、十割蕎麦。

これは絶対にやってはならないと言うのだ。それもそば屋の人間が言っていた。

おもしろい。

だから、やらなければならなかった。

わけのわからない、、、『使命感』

俺の人生の苦行の始まりであった。

走ることと、蕎麦屋を続けること。やらなければならないわけだ。冗談ではない。

これを苦行と言わなくて、何という?

思い立ってから、14年の時間が経った。

小さな蕎麦小屋がやっとできたんだ。

さて、いつまでこの苦行、、、、、?

​始まりました。

​つづく

IMG_9096 (1).jpg
IMG_3314.JPG

Mission

蕎麦を通して自分を俯瞰してみる。

多くの人に恩返しをする。

蕎麦は十割でなければならない。

手打ちでなければならない。

北海道産である。

自動販売機は置かない。

​券売機も使わない。

手打ちで国産の蕎麦粉だけの十割だけが蕎麦だということを日本人に認識してもらう。

​無理だろう。

​いつかは美味いもんにしてみせる。

Vision

たくさんの人が、気軽にここを訪れ、

笑顔でお客さん同士が互いにあいさつできるんだ。

時に、泣いたり笑ったり、、、、、。

優しい笑顔で、またねと、、、、。

 

新しい物語が、始まるんだ。

​みんなが少しだけ、幸せになる居場所に、、、、。

​小さな幸せ作りに貢献。

IMG_3875.JPG