手打ち十割そば屋酒
​空のかおり

 
IMG_5885 (1).JPG

プロフィール 

店主 佐藤政則

●1960年生まれ 釧路市育ち 

中京大学体育学部体育学科 何とか卒業

●在学中は柔道部合宿所入り

●卒業後は日本にそぐわないことが発覚

●青年海外協力隊隊員として、渡航

●パプアニューギニアへ(3年間)

●スポーツ啓発 柔道指導

●帰国後、仕方なくサラリーマン(金の亡者第一章)20年間

●仕方なく、アルバイター(金の亡者第二章)14年間

●株式会社空のかおり 設立 2018年10月

●蕎麦屋 空のかおり 開業 2019年4月より

●趣味、特技、賞は無し。おまけに地位も名誉も預金無

生きる義務なので、

筋トレ、ランニング仕方なく継続中

​100歳まで蕎麦を打たなければならないらしい。

定休日 :月曜日・火曜日

営業時間:AM11:30~PM21:00(LO20:00)

※たいしたものはありません。

たまに混むこともあります。

お待たせすることがあります。

それでも、許すという方はどうぞ迷い込んでください。

 

臨時休業有・貸し切り有

​朝と夕方蕎麦打ちしてます。

生身の人間、売り切れ次第終了

(電話をしてもらった方がいい)

​駐車場:庭の前と他にも有り

Tel: 011-898-5215  Email: soranokaorisapporo2018@gmail.com

〒004-0004

​北海道札幌市厚別区厚別東4条6丁目3-1

小さな蕎麦小屋です

蕎麦しかありません。

申し訳ありません

何のこだわりもない、蕎麦は小学生でも打てる。

 

​あくまでも持論です。

蕎麦というものは

手打ちでなければならない。手仕事だ。

十割でなければならない。小麦は使わない

蕎麦粉は国産だけのもの。できれば、北海道産の蕎麦粉であってほしい。​

自然のものだけで作くる。

汁をタレとは言わない。

化学調味料などは一切使わない。

それを蕎麦という。

これが事実だと思っている、思い込み?

世間は許さないらしい。

美味いか不味いかは問題ではない。

​一日飯抜けば、何でも旨いもんなのだ。。

そう、偏見男です。

​それを許すという方は遊びに来てください。

​江戸の始まりにはあったであろう

真面目に手打ちで混ぜ物をしない。

非合理な十割蕎麦の細麺

それと

昔、農家ではおもてなしで蕎麦を打ったのであろう、武骨な蕎麦を田舎といったのだろう。

定義はない。

太麺で、粗挽きの粉でうまくつながらない。

しかし、蕎麦の香りと風味が強い。

そんな、どこか懐かしい想いが彷彿される食物。

そんなものを残したいと始めたこの小屋。

​14年かかった。

​そして、100歳まで蕎麦を

打たなくてはならないらしい。嫌だ。

 
 
R160829-700x387 - コピー.jpg
img56985223 - コピー.jpg

蕎麦

十割蕎麦

​粗挽き蕎麦

616382779.132827.jpg

​優しく生きたい

詰まらないストーリー

IMG_4821.JPG

お飲み物

日本酒、焼酎、ノンアルコール、ソフトドリンク各種

 

ゆっくりと過ごしてもらいたい。
一人で、
    お友達と、、、。
    家族で、、、、。

朝から日本酒でくいっと。
手打ち十割の蕎麦を
コーヒーだけでも構いません。
空のかおりだけのくつろぎもあって良いだろう

IMG_8457.heic

空のかおり

 

お問い合わせ

Tel: 011-898-5215 |  Email: soranokaorisapporo2018@gmail.com

​お気づきの点、ご要望等ありましたら、どんなことでもお問い合わせください。
※ご予約は直接お電話でお願いいたします。
Tell me a little about your event so I can begin the creation process

Thanks for submitting!

 
IMG_0577.jpg