top of page
検索
  • 執筆者の写真空のかおり 佐藤

桜への想い

可愛らしい花びらが無数に花開き、なんだも言えない淡い色を静かに見せつける。

晴天にも曇り空にも夜の月夜にもなんともほのかに輝く。

すぐ近くの庭なのにいつもゆっくりと堪能することさえもできずに、いつの日か風に舞う淡いピンクの舞い散るを観る。

その後は、誰も木の姿さえも見ることもない。


儚い桜の人生よ。


無駄に手打ちで十割蕎麦。しかも、北海道産の摩周。


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page